武川とルドマン

引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、なるべく大型家具の表面や、家電に傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。せっかくの新居ということで購入した家具であったりする場合は、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして丁寧に、運搬したいものですね。お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、ガッカリしてしまうでしょうね。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。実は自分の作品だったので、「まさか」と思い、衝撃を受けました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因だと言えます。引っ越しは大変面倒臭いものだとよく耳にします。詳しく聞いてみると、どうやら煩わしい手続きが重なるということが不満だそうです。具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。この子と暮らし続けるため、引っ越しをするとなるとペットを飼っても良い、というマンションを探し回ります。そして、ただのペット可マンションではなく、理想的なのは屋上にドッグランなどプラスアルファの設備があるマンションが望ましいと考えています。普通のマンションより家賃は高めでも愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨天時の道路事情により荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。荷造りを全て自分で行なうのであれば、防水対策は必要です。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから対策は立てておいた方が良いでしょう。思った以上に、数々の事務手続きの多さに驚くのが、引っ越しというものです。中でも特に重要度の高いものとしては免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。車に普段乗らない人でも、運転免許証の住所の変更は免許証がよく本人確認書類として機能しているため、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。でも、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。そうすると少しは楽でしょう。国民年金の加入者が転居しますと、加入者なら持っているはずの、国民年金手帳の住所を変更する手続きを行なう必要があります。14日以内という期限のうちに、新居のある市町村の役所において住所変更手続きをしてしまいましょう。国民年金手帳と印鑑があれば手続き可能です。もし、本人が役場まで行けないのであれば、委任状を作成することで親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。引っ越しをする場合、費用がいくらかかるのか気になりますよね。でも、頼んだ業者によって出費を抑えることが出来ます。出来るだけコストを抑えることの出来る引っ越し業者を選べたら良いですよね。費用が少し高いとしても、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスのオプションがついている業者もあります。なので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、サービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。必要な手続きもいろいろとありますが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道を開通させることは相当重要だと考えてください。いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると丁度いいかとなると、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておきちょっと念入りに、転居当日の一週間程前の辺りに使えるようにしておくことができれば、安心です。そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、自分の家のエアコンをどう取り扱えばいいのかわからない、といった類の困った状態に陥ってはいませんか?エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談してみてはいかがでしょうか。引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業を任せるタイプの引っ越しを選ぶともちろん、サービス分お金がかかることになります。運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、そうした状況に適したコースが用意されていますから、利用を検討してみると良いでしょう。適正なコースの選択だけで、引っ越し費用はかなり抑えることができますし、浮いた分を新生活のために割り当てるようにしましょう。引っ越し業者の選択は難しいものです。これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイでした。なぜかというと、他の引っ越し業者よりも安く済んだからです。引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、とても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。ほとんど車に乗らないから、数年先の免許更新時までは免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に運転免許証を本人確認書類として使う人は多いです。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は業者からレンタルできる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。ダンボールを使って荷造りをしていくとなると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんが引っ越し用の衣装ケースを利用できると様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。新居で行なう荷ほどきも同様に直接クローゼットに収納していくような形になります。引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。ただ賃貸住宅の場合、退去時に、大家さんや管理人といった立場の人に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを一応問い合わせてみるのがおすすめです。部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。こういった場合ですとエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、その分、少し節約できるかもしれません。賃貸の部屋から転居していく時には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。部屋を管理する立場の人が部屋に入り、室内の状態をくまなくチェックする訳です。これを終わらせたら、ようやく退去になります。ケースごとに多少違ってきますが、電気ガス、水道代など公共料金の清算は当然済んでいなければなりませんし、それに、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、おおざっぱで構いませんので、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまずパッケージしていけばうまくいくでしょう。引っ越しに際しては、様々な手続きが必要になってきますがインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。もし、今現在契約している内容に満足していないのであれば契約を切るいい機会になりますが、満足している場合には、今までの契約は維持し転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。そしてもしも、転居先にネット回線がなかったら工事などをすることになります。ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。転居の際、必要な作業は様々です。そんな中で荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。でしたら全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても作業を行った業者がその責任を負って荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれるまで、一体どれくらいの時間がかかるかというのはいつも同じではありません。部屋の階数、荷物の個数、そして作業する人数などにより全く違ってきてしまうのです。そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番規模の小さい、単身の引っ越しなら約30分、普通より、かなり荷物の多い家族であるなら約2時間くらい、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。ですから、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら世間によく知られている大手業者を選ぶのが少なくとも、失敗はしないでしょう。実際の会社名を挙げるとするなら、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。世間でよく知られている大手、ということは、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし良い引っ越しにしてくれることでしょう。。荷物の数や移動距離の違いで引っ越し料金も変わります。出来るだけ出費を抑えて引っ越しをしたい方は、先に情報を集め、目安として基本的な相場を理解する必要があるのです。こうして、業者の見積もりを比較検討した上で、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのがおススメだと言えます。出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、ぜひアート引越センターを使ってみて下さい。面倒な準備作業を計画通りに進みます。梱包用の段ボールや家具の運送など、すべての引っ越し作業に関して支援してくれます。重量のある家具や荷物の運送も信頼してお願いできますので、滞りなく引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。我が家の洗濯機はドラム式なんです。二年前、転勤で引っ越しをしました。新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままでずっとトラックで運んできてしまいました。ダンボールが破れたりしたわけではなく、害は無かったようなものでしたけど、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので次回からは気を付けたいです。大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。うっかりぶつけて壊してしまった、なんていう展開は最も避けたいので、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。それに、引っ越し作業が原因で、荷物がダメージを受けた場合は補償を受けられますので、頑張って自分で運ぶよりプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。そして、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。料金は料金としてちゃんと払うにしても、大変な作業を長時間続けてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス各人に千円ほどを包むようにしているわけですが、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。引っ越しのやり方は色々ではあるものの、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。でも、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、作業を、なるべく近くで見守りましょう。もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういった荷物の運搬中に落として壊したりしてしまった場合には、業者は、約款により補償を行わないといけません。ただし、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。よく知られているように、引っ越しの総費用というのは思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についても慎重に考えてしかるべきです。業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしても会社により、料金が変わってくることがあります。そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで数社からの見積もりを比べて検討ができるので、わかりやすいです。就職して、通勤に便利なところでいよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。荷物なんて、ダンボールほんの数個で、プロの引っ越し業者に頼むよりずっとずっと安かったです。布団とか、ちょっとした家具とかはもう住むところで買えばいいと考えていました。だからこういった方法もとれたのでしょう。もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。手続きに必要なものは、印鑑とそれに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って届け出に行きましょう。同じ市からの引っ越しでも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。

武川とルドマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です